読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161209

長文をまた書いてみようと思った。

でも、本当はあまり書くことがない気がする。

家庭を持っている人間に

「散々裏切られた」なんて言われても

「まだ他人を信じてるんだから大丈夫だよ」って

肩を叩きたくなる。


裏切られた、なんて、言えないよ。

信じたことなんてない。

自分と、他人の間には線が引いてある。

信頼とか、そう言う美しい諸々は、

全部その線の向こう側にある。

私にはない。


皆、好きに幸せになってくれ。

そして死んでくれ。