20170219

キックボクシングジム。

体験に行って、即入会。

会費とかの事は事前に調べていたし、借金返済はあるけども、これくらいなら。


まっすぐで曇りのない視線で話しかけられることとか、

熱のこもった、広くないジムの空気とかが、

全部、今の自分に必要だと思ったから。

ぐずぐずと腐っている内面を祓う事が出来そうな気がした。


シャドウボクシングは、正直恥ずかしい。

でも、真面目に格好良く見えるジャブやストレートを打とうとすると

必然的にシャドウボクシングも熱が入って楽しい気がした。


サンドバッグ相手に黙々と打撃を繰り出す男性。

髪を振り乱して、明らかにストレス発散なんだろうなって女性。

スポーツジムよりストイックで内向的な人達が多いように見えた。良い。


顔の前で拳を緩く握るポーズが良い。

攻撃的な自分を少し解放できる。

サンドバッグを打つ重い感触も、ミット越しに人を打つ感覚も、良い。


色んな事を考えたくないんだ。

もう、考え疲れた。

今は何も考えずに、体の感覚だけを研ぎ澄ます時間が欲しい。

疲れているんだ。


20170125

不安になっている。

新しい職場。

うまくやれるだろうか。

派遣さんとして、今の職場では上手く馴染んだ。

気難しいと評判の社員と冗談を言い合い、

課長の愚痴を聞きながら、若手社員の相談相手になり、

古参派遣さんサンドバッグにもなった。

最後のは余計だけど、私は上手くやったと思う。

退職が公表されて、沢山の人が私に声をかけてくれた。

惜しんで貰えるのはありがたい。

素直に嬉しい。


私は調子に乗ってないだろうか。

ここで一年働けたからって、正社員で働けるだろうか。

ちゃんと成果を出せるだろうか。

しかも新しい職場では初めての中途採用らしい。

不安。

課長は沢山褒めてくれた。

私の作る資料を手放しで褒めて、必要な修正も話しながら指摘してくれた。

課長以外、大仏さんにしてもレア課長にしても、私の仕事を信用してくれた。

色んな提案もさせて貰えたし、皆好意的だった。

だから余計怖い。

今の私は、私を過信してないだろうか。


そうは言っても、新しい環境で努力するしかなくて。

もう進むしかないし、私を信用して身元保証人になってくれた人もいるわけで。


5年。

身元保証人期間は5年。

ひとまず、5年は問題を起こさず、会社に馴染む事を考えよう。

トラブルを起こさないように。

結婚したり妊娠したり、絶対しないとは言い切れないから、避けるように。

既婚者とは2人きりにならない。

安易にセックスしない。

うぅ。


真面目に生きるって息苦しい…

いや、でも、普通への第一歩だから…


とりあえず5年だな。

まぁ、何とかなるだろ。

私の不安なんてちっぽけだな。

何とかなるさ。

そう言えてしまう。

死ななきゃ大丈夫だし、死んだら終わりにして貰えるわけだし。

何とかできるよ。


うん。

大丈夫。

20170102-2

誰にもならないまま、

歳を重ねてしまった自分。

何かを成し遂げて、成し遂げなくても、

一角の存在になるのだ、と何処か思っていた。

自分の存在を認めさせてやる、と。

今も思っているのかもしれない。


記憶にある限り、私は大した労を重ねずとも、大抵の事をこなせた。

それは恥じの意識が人より少なかった事と、

衆目を集める事への抵抗もなかったせいだろう。

知らない事を知らないままにする事は難しかった。

出来ない事を出来ないままにする事も難しかった。

努力と言われる事は、楽しみでしかなかった。

変態なんだろう。


欲のままに生きてきた。

したくない事はしない。

したい事のための労は惜しまない。

それだけ。


人と交わる事が出来ない、と言うコンプレクスも

仕事と言う共通点さえあれば、意外と易く克服できた、ような気がする。

苦労していない訳ではないけれど、結局、喉元を過ぎてしまえば、全て血肉になるだけだ。

暴力に晒された記憶も、除け者にされた記憶も、手を払われた記憶も、

確かに私の中にあって、時々、間違ってチャネルを合わせたみたいに蘇るけど、

それも、ただ、映像として、残ってしまっているだけだ。


私は、これから、どう生きるんだろう。

住む場所と安定した収入源を得て、生きるための最低限のインフラを整えられた今、

私はとてつもなく困惑している。

私に危害を加える者のいない世界が手に入ろうとしていて、

それどころか、私を支援しようと言う他人さえいる。

とても戸惑っている。


私は、誰にもなれないまま、

私のまま、安全な場所に来れてしまった。

誰の事も傷付けず貶めず、見下す事も見下される事もなく、

静かで穏やかな場所に来れてしまった。

ここに来れるなんて思いもしなかった。

だから戸惑っている。

持て余している。

ここで、私はどう生きればいいだろう。

私は、自由を手に入れられた気がする。

それを持て余している。

戸惑っている。

20170102

2016年は、ここ数年で一番何もなかった気がする。

引っ越しも近距離で、仕事も一箇所だけ。

苗字も変わらなかった。

けれど、感情面では凄く大きな変化があった。

他人と密に関わる事を再開したからかな。

あと、課長。

課長がメインなのかな。


久しぶりに一箇所で腰を据えて働く事で、人間関係が出来て、

繕った私が簡単に瓦解して、

いや、簡単に、ではなかった、多分。

それは違う。

課長だろうな。

1年弱で、私も課長も変わった。

私はよく泣くようになった。

自分の中にある色んな感情に気付いた。

課長も職場でのスタンスが変わったように見える。

でもそれは、職位が変わったせいなのかな。

分からない。

高校以来の淡い感情は、年齢の分ドロドロした欲も孕んで持て余し気味だけど、

それでも良かったと思える。

楽しかった。

収穫は大きい。

このまま離れて、良い思い出にできたら、もっと良い。

そりゃ、本当はドロドロした欲があるから、ドロドロしてるけども、

綺麗なままでもいいじゃない。

年甲斐もなくキラキラさせちゃってもいいじゃない。


再構築していく。

散り散りだった感情をゆっくり集めて、柔らかくて新しい強さを作れたらきっと良い。

そしたら、きっとまた誰かを好きにもなれる。

多分。

20161224

久しぶりに公共の場所で動けなくなる。

うずくまる。

もちろん助けてはもらえない。

暫くして駅員に声をかけられる。

「お客さん、どうしましたー?」

大声。

時期的に酔っ払いの対応に疲れているんだろう。

迷惑だと言うのが声で分かる。

「困るんだよなー」

具合悪くて困っているのは私だ。

誰が好んで人前でうずくまるんだ。

「酔っ払いではありません。」

とりあえず、否定しておく。

「貧血だからすぐ治ります。」

「あー、ベンチに行きません?」

態度が少し軟化する。

「手を貸してください。」

不本意だが触る。

不快。

「大丈夫ですかー?」

不快。

「休めば治ります。」

「また様子見に来ますねー」

来てどうすんだ、不快にさせるだけじゃないか。

つつがなく、クリスマスイブの仕事を終えたいよな。

私も早く家に帰りたいよ。

地下鉄の冷たい床に座っていたくなんかない。

そうだよ。

誰も助けてはくれないよ。

たとえ、本人に非がない事でも、はみ出した存在は迷惑なんだ。

何故だろうね。

困っているのは私だって同じで、

誰かを困らせたくて困っているわけではないのに、

毎度困っている私が、私の扱いに困った人間にクレーム入れられるんだ。

せめて放っておいてくれたらいいのに。

私以外の人間で群れをなして

好きに幸せになってくださいな。

私は誰も呪ったりしない。

だからちゃんと離れていてくれ。

メリークリスマス。

20161220

課長のこと。

多分、多分でなく、凄く気に入っている。

一緒にいると何となくテンション上がる。

話すと楽しい。

触りたいし、触られたい。


同じような気持ちは

高校の同級生に抱いた事がある。

初めて特別仲良くなった子で、

毎日毎日飽きずにB'zの話ばかりしてた。

でも彼女の興味はB'zから全然違う所に移ろって

彼氏ができて、別の子と仲良くなっていった。

私は必死に話題について行こうとして

最後に「気持ち悪い」と拒絶された。


凄く苦しかった事をぼんやり覚えている。

課長への気持ちが何なのか、

よくわからない。

執着している事には気付いている。

でも、まだきっと捨てられる。

大丈夫。

課長と会わなくなっても、

私は多分大丈夫。

20161219

終わった事をくよくよと悩むのは嫌い。

時間の無駄。

後悔とかしない。

全部自分が選んだ事。

過去は変えられない。


けれど、

忘れた筈の過去が今の自分を苦しめている。

親との関係。

他人との関係。

私は、何もかも上手く出来ない。


終わっていない。

何も終わっていない。

忘れた事にしている過去に苦しんでいるのは今の自分。

何処にも進めていない。


どうすれば、過去を振り切れる。

向き合うにしても、何も覚えていない。

記憶と記録は一致しない。

そもそも、記録も殆どない。

写真も、小学時代の通知表もない。

当時の私を知る術がない。


どうすれば、先に進めるんだろう。

もう病気でいる事に疲れた。

私は、明るい場所に行きたい。

ここはイヤだ。

もう、疲れた。